eBAgentとは

eBAgentの特長

eBAgentは、グループ企業を含めた全社決済業務プロセスを見直し、人を介する運用から会計システム直結型へ刷新することができます。また、金融機関へのアクセスを一元管理することで、決済業務の効率的な運用と資金の見える化、コンプライアンスの強化をサポートします。

eBAgentの特長
特長1

金融機関取引/データの自動連携
(システム連携インタフェース)

  • 財務会計システム(ERP・CMSなど)に自動で金融機関取引データの取り込みが可能になります。
  • オペレーション作業の徹底排除、自動化による大幅な業務効率化を実現します。
特長2

マルチバンクアクセス
高速一括多重処理

  • 全国の金融機関とのANSER-SPC、ANSER-HT、ANSER-SPC(VALUX)、ANSER-HT(VALUX)の契約でご利用できます。
  • 大量の金融機関取引データを、一括でリアルタイムに処理することにより、業務時間の短縮が図れます。
特長3

専用線接続/冗長化構成

  • 専用回線により、公衆電話回線の高速化・安定化を実現し、基盤の刷新が行えます
  • サーバの冗長化などにより、業務継続性を確保できます。
特長4

資金管理の一元化

  • 社内/グループ内の口座を一元管理し、グループ内資金の効率的な運用が可能になります。
  • グループ内資金の可視化、リアルタイム把握を実現します。
ページトップに戻る

データの自動連携イメージ

eBAgentは、会計システムとの連動により、人手を排除したEB利用が可能です。さらに通信サーバや統合運用監視で自動スケジューリングを行うことで、効果的な運用環境を実現します。
例えば、下図のように、残高照会、入出金明細照会、振込振替、資金集中等の業務において、定期スケジュールを組むことが可能となります。

データの自動連携イメージ

ページトップに戻る